ネタバレ募集

【ワンピース】 ネタバレ 853話 『ここじゃねェ』 確定 詳細ネタバレ

最強マンガアプリのランキングが完成!

↑マンガ好きは要チェック↑

詳細ネタバレです。
ーーーーーーーーーー
扉絵リクエスト
「バルトロメオとガンビアが
 感動のあまり泣きながら語る

 【麦わらの一味】の逸話を
 大泣きしながら聞くウミガメ達」

————————————–

【宝物の間】

煽り
「響くのは悦なる声」

ビッグマム
「マママママ…
 何てかわいい生物だ!!」

捕まったブルックが
ビッグマムに頭を撫でられている

ブルック
「…!!」

ビッグマム
「体の隅々まで骨なのに…
 生きている奇跡!!

 戦いも見事だったよ
 ソウルキング」

ブルック
「…」

されるがままのブルック

ビッグマム
「すっかりチェス戎兵達は
 お前にビビッちまってるよ
 ママママ…

 まさにソウルキング!!
 あいつらの天敵だ

 だがこいつらは倒せない…!!
 特別なのさ!!」

【二角帽のナポレオン】

【雷雲のゼウス】

【太陽のプロメテウス】

ビッグマム
「【おれの魂(ソウル)】を…!!
 直接与えてるからねェ…
 おれの分身の様な奴らさ」

ブルック
「!?」

ビッグマム
「魂(ソウル)の格が違う…!!」

ゼウス
「ヘヘヘ」

チェス兵
「取り調べ終わりましたママ!!」

ブルックの衣服や持ち物を
チェックしているチェス兵達

「服の中にも何もなしー♪
 筒の中にも何もなしーっ♪

 なーんにも♪
 盗られてまっせーん♪」

ビッグマム
「マ~ママママ…
 ならいいんだよ
 ソウルキング」

ブルックをなでなでするビッグマム

ブルック
(む…無念…!!
 何たる辱め…!!)

ビッグマム
「疑って悪かったねェ~♪
 【玉手箱】は勿論…♡

 【歴史の本文(ポーネグリフ)】の
 写しなんかも、盗まれるわけには
 いかないのさ~」

ブルック
「…」

ビッグマム
「持ってかれて誰かにまた
 【ラフテル】へ行かれちまうなんて
 マヌケだろ?

 ハ~ハハハ、
 【ロジャーの時】の様な
 ヘマはもうやらねェ!!」

 あいつは【万物の声】を聞くって
 奇妙な力で【石】を読み解いたが…

 ウチにもやがて同じ力を手に入れる
 【隠し玉】がいるのさ…

 次にラフテルに到達するのは…
 おれ達だ!!」

————————————–

そこにやってくるプリン

プリン
「ママ!!」

ビッグマム
「お~かわいいプリン♡
 噂をすれば…!!

 どうした?【第三の目】が
 真の【開眼】でもしたかい!?」

ぷくっと頬を膨らませるプリン

プリン
「もうママったら
 口を開けばそればっかり

 私はハーフなのよ?
 本当にそんな能力(ちから)が
 目覚める保証もない」

ビッグマム
「ハ~ハハハ、悪かった
 だが間違いなくお前は
 稀少な【三つ目族】の血を
 引いてるんだ…!!」

ブルック
(は…プ…プリンさん…三つ目?
 あ…ダメだ
 私達が知り合いな事は秘密)

プリン
(あの骨男こんな所にいたのか…)

プリン
「…」

プリン
(ま…捕まったのならよかった)

プリン
「ねェママ!
 ここじゃ恥ずかしいから
 ママのお部屋でお話を」

ビッグマム
「おお勿論さ、いいとも♡」

————————————–

【3階中庭】

ペドロとタマゴ男爵の戦いは
まだ続いていた

ペドロ
「ハァ…ハァ…」

タマゴ男爵を応援する兵士達だが、
なぜか呼び名が変わっている

兵士達
「いけー!!やっちまえー!!
 子爵ー!!ヒヨコ男爵~!!」

タマゴ
「ビヨ」

タマゴ男爵がタマゴモードから
ヒヨコモードになっていた

その時、ペドロの一撃が炸裂

ペドロ
「ぬん!!」

ヒヨコ男爵
「ピヨーッ!!」

兵士
「ヒヨコ子爵~!!」

タマゴ男爵が地面に倒れる
だがまたも形が変わっていく

ヒヨコ男爵
「ピヨピヨ…!!コケ…」

ペドロ
「!?」

ヒヨコ男爵
「コケーッ!!」

兵士達
「!?うおおー!!
 この鳴き声は…!!

 出るのか更なる進化形態!!
 【ニワトリ伯爵】がァ~!!」

ペドロ
「くだらん…今の内に息の根を」

兵士達
「やめろォー!!

 【タマゴ男爵】から
 【ヒヨコ子爵】!!

 【ニワトリ伯爵】へ割れる度
 強く生まれ変わる!!

 【タマタマの実】!!

 ニワトリ伯爵こそ
 真の騎士(ナイト)だ!!

 恐れよ!!成れば貴様など
 足元にも及ばぬ力を得る!!

 奴を止めろォー!!」

剣を構えるペドロ

ペドロ
「待つ気はない…」

兵士達
「やめろォー!!(汗」

一斉に襲い掛かる兵士達

ペドロ
「よし、ではやめよう」

兵士
「!?」

ダイナマイトの束を
懐から取り出すペドロ

兵士達
「うおーっ!!爆弾!!
 てめェ何する気だァー!?」

ペドロ
「ずいぶん兵が集まったな」

兵士達
「退けー!!逃げろォ!!」

ペドロ
「囮冥利に尽きる…!!」

兵士達
「やめろぉー!!」

直後、ダイナマイトが爆発する

兵士
「うわああああー!!」

大きな爆発が
中庭全体を飲み込んでいく

飛ばされるニワトリ男爵

ニワトリ男爵
「コケェーッ!!」

広場の端には割れた鏡が

————————————–

【鏡世界(ミロワールド)】

割れた鏡から鏡世界へ
逃げ出していたペドロ

チョッパー
「うおー!!危なかったー!!」

ペドロ
「…」

キャロット
「無茶するなァも~!!
 びっくりしちゃったよ!!
 ペドロー!!」

ペドロ
「…ハァ…ハァ…!!」

ペドロが爆発の瞬間、
すぐそばの鏡の中から
チョッパー達に声を
かけられた時の描写

チョッパー
【おーい!ペドロー!!】

ペドロ
【!?】

ペドロ
「こっちの方がよっぽど驚いた…
 突然鏡の中から
 呼びかけられる身になれ…」

チョッパー
「でも!一瞬でこんな作戦
 思いつくなんてさすがだね♡
 ペドロ~!!」

ペドロ
「つまりここは鏡の中か
 信じ難いが」

チョッパー
「ここはブリュレがいないと
 出入りできない世界
 安全なんだ!!

 サンジを連れて
 脱出する事もできる!!

 お前の知ってる情報を
 教えてくれ!!」

————————————–

ディーゼルに車を引かせながら
話を聞くチョッパー達

チョッパー達
「えー!!
 ルフィとナミが捕まった!?」

ペドロ
「ああ、そう聞いた
 ブルックも心配だ

 うまく【歴史の本文(ポーネグリフ)】の
 写しを盗れてばいいが!!」

チョッパー
「全員危ない!!急ごう!!」

ディーゼルはさすがに疲れたのか、
かなり息が上がっている

キャロットは得意だという
似顔絵を取り出す

キャロット
「鏡よ鏡!!この人達の!!
 居場所を教えてー!!」

ペドロ
「美化が過ぎないか!?(汗」


「その髪の長い女の子が
 さっき走り抜けたよ!!」

ペドロ
「ウオー!!鏡が喋った!!」

チョッパー
「え!?じゃあナミは脱走したのか!?
 ルフィも一緒かな」


「ジンベエ親分と一緒だよ!!」

チョッパー
「!!?ジ…ジンベエ~!?!?」

————————————–

【3階バウム】


『大臣各位救援願います
 【麦わらのルフィ】が
 止まりません!!』

ルフィ
「サンジー!!どこだー!!
 おれだぞーサンジ~!!

 話を聞いてくれー!!
 おーい!!」

兵士を蹴散らしながら進むルフィだが、
ドアの隙間から誰かに腕を掴まれる

ルフィ
「!?い~ででででで!!」

伸びきった腕の途中、
先ほど千切りかけた時の傷から
血が噴き出してしまう

そのまま部屋の中に
引っ張られるルフィ

ルフィ
「わああ~!!ぶへ!!」

引っ張りったのはレイジュ

レイジュ
「…」

レイジュが部屋から廊下の兵士を伺う

兵士達
「何とすばっしこい奴だ!!
 どっちへ行った!?
 逃がすなー!」

ドアを閉めるレイジュ

レイジュ
「…」

ルフィ
「お前、サンジの姉ちゃん!!」

レイジュ
「…ええ」

ルフィ
「何すんだ!
 おれ急いでんだよ!!」

レイジュ
「サンジを捜してるんでしょ?
 さっきまでここにいたわよ」

ルフィ
「えー!?ホントか!?
 どこ行った!?

 おれ達ダマされてたんだ!!
 プリンに!!

 サンジの結婚相手のプリンが
 サンジの事【殺す】って!!」

その時、レイジュの足に巻かれた
包帯に気付くルフィ

ルフィ
「あ…!!大丈夫か!?
 お前ケガしたのか!?」

レイジュ
「…ふふっ、ありがと平気よ
 プリンの事なら…弟も知ってるわ」

ルフィ
「えー!?あいつ知ってたのか!?」

レイジュ
「知ったのはついさっき…!!」

ルフィ
「!」

レイジュ
「私はこの島から逃げる様説得したけど…
 サンジは【東の海(イーストブルー)】の人質と…
 あなた達にふりかかる危害を気にしてる!」

ルフィ
「人質ってバラティエだろ!?
 おれもよく知ってるし

 本当に狙われるんなら
 【東の海(イーストブルー)】に
 行ってでも戦うよ!!」

ぐぎゅるるる

ルフィ
「!」

レイジュ
「…!何か食べ物を?」

ルフィ
「い…!!いらねェ!!」

ルフィの言葉を思い返すレイジュ

ルフィ
【お前の作ったメシしか食わねェ!!】

ぎゅるるるるる
その場に座り込むルフィ

ルフィ
「…ハァ ハァ…でもそうか…
 サンジはプリンの事
 知ってんのか…!!」

レイジュ
「!」

ルフィ
「ダマされてねェんならいいや!!
 その他のやれる事は
 もう全部やったし…!!」

ほっとして笑顔を見せるルフィ

ルフィ
「じゃありがとな
 サンジの姉ちゃん!!」

窓にかけていくルフィ

レイジュ
「え!?どこいくの!?
 そっちは…!!」

ルフィ
「約束の場所はここじゃねェから!!」

レイジュ
「!?」

ルフィが窓ガラスを割って
外に飛び出していく

————————————–

【サンジサイド】

場内の喧騒をよそに
一人静かに煙草を吹かすサンジ

ジャッジ
【こいつの首が飛んでもいいのか?
 お前は生け贄だサンジ】

サンジ
「…」

ビッグマム
【お前が逃げなきゃ
 全てが丸く収まるんだサンジ♡】

プリン
【ヴィンスモーク家は
 明日の結婚式で…皆殺しよ!!】

サンジ
【帰れ!!下級海賊共!!】

サンジ
(もう引き返せねェよ…ルフィ…)

サンジ
「…」

硬い表情のサンジ

————————————–

【ルフィサイド】

窓ガラスを突き破るルフィ

一般人
「!!何か降ってきたー!!
 おれの家がーっ!!」

ぐぎゅるるる…

一般人
「!?…人!!?」

ルフィ
「ちゃんと…待ってねェと…!!
 あの場所で…」

満身創痍のルフィ

煽り
「食わねど信じ」

ーーーーーーーーーー
確定ネタバレ
853話 ここじゃねェ

マムに捕まり頭をなでられているブルック
ビッグ・マムのかぶっている海賊帽子”二角帽のナポレオン”と雷雲ゼウス、太陽のプロメテウスの3体は
マムから直接ソウルを与えられたマムの分身、他のソウルとは格が違う
チェス兵がブルックの取り調べを行い何も盗まれていない事を確認すると安心してブルックを可愛がるマム

マム「ポーネグリフの写しは盗まれるわけにはいかないのさ~」
マム「持っていかれて誰かにまたラフテルに行かれちまうなんてマヌケだろ?」
マム「ロジャーの時のようなヘマはもうやらねぇ」

マムのところにやってくるプリン

マム「どうした?第三の目が真の開眼でもしたかい?」
プリン「私はハーフなのよ?本当にそんな能力が目覚める保証もない」
マム「悪かった――だが間違いなくお前は希少な三つ目族の血を引いてるんだ」

ブルックがいるのに気付いたプリンは猫をかぶりマムの部屋で二人きりになりたいと言う

3階中庭

タマゴ男爵は形態進化しヒヨコ子爵になっていた
ヒヨコを一刀両断するペドロ
切られたヒヨコは更なる進化を遂げようとする
部下曰くタマゴ男爵は「タマタマの実」の能力者でタマゴ男爵からヒヨコ子爵、さらにニワトリ伯爵に進化するらしい
ニワトリ伯爵こそ真の騎士だと聞かされたペドロは進化する前に止めを刺そうとする
そうはさせまいとペドロに迫る兵士たちだったがペドロは兵が自分の周りに集まるのを確認するとヒヨコへの攻撃を止め
隠し持っていたダイナマイトを爆発させ自爆する

鏡世界

間一髪中庭にあった鏡を使って、爆発からペドロを救出するチョニキ
ペドロから他の船員の状況を聞いたチョニキ達は皆の救出に向かう
キャロットが鏡にみんなの居場所を尋ねると鏡は素直に教えてくれた

3階バウム

兵士を蹴散らしサンジを探すルフィをレイジュが自室に連れ込む
レイジュからサンジがさっきまでここにいた事、プリンの正体には気付いている事を聞いたルフィは
騙されてないなら安心だと言い、部屋を飛び出す

レイジュ「どこに行くの?」
ルフィ「約束した場所はここじゃねぇから!」

城内にて一人熟考するサンジ(もう引き返せねェよ…ルフィ…)
城を飛び出し例の場所に向かうルフィ

次週へ

ーーーーーーーーーー
不確定3 『白い目』

以下本編。

【3階通路】

甘い匂いにつられつつも空腹に耐えながら敵を倒すルフィ
ある部屋の前でサンジの気配(匂い?)に気づいて突っ込むも誰もいない
でも窓際で何かに気づいた様子

【医療室】

部屋で騒ぎを聞いたレイジュがサンジに行けと伝えるけど今更騙されてたなんて言えないとサンジ
兵達がルフィを見失い、騒いでいる様子を見て飛び出していくサンジ
プリンの部屋のドアが負傷している事に気づき中に強引に入ると、ベランダの前でグチャグチャの花とお弁当を見ているルフィと再会
声をかけるがルフィから俺達は騙されてると伝えられる

【ペドロ】

案の定生きていたタマゴ男爵は中身(黄身)が孵って復活
ペドロは全身にエレクトロを発動
お互い渾身の力を込めてぶつかり合う

【宝物庫】

ボロボロのブルック「さすがはビッグ・マム…」

「その圧倒的ソウル 骨身に沁みました…って骨しかないんですけど」

そう言って倒れてしまうブルック
(魂だけ抜け出して床下からマムの背後にまわる作戦)

【鏡の世界(ミロワールド)】

キャロットの似顔絵を頼りに鏡に尋ねるチョニキ
似てないから見つからないけどブルックだけ発見

ブルックが倒れているのを見て思わず飛び出してしまう
ビッグマムと対面するがマムがこの状況を見て癇癪を起こす

【プリンの部屋】

ぼろぼろになっているルフィを見て謝るサンジ
雨でぐちゃぐちゃの弁当を拾うルフィを前に、自分が情けなくて涙が止まらないサンジ
お腹がぎゅるぎゅるなって今にも倒れそうなルフィを見てサンジの飯しか食わないと叫んでるルフィを思い出す

ルフィ「サンジ!」

「これ!おまえが作った弁当だろ!」

そう言ってすぐにグチャグチャの肉にかぶりつくルフィ
サンジは止めようとするけどルフィは食べ続けながら

「お前がいないと俺達は進めねぇ!」

「だから命をかけて守るんだ!」

「おまえが作ったメシは失敗作だって落とした弁当だって!」

「全部俺が食ってやる!」

そう言いながらうめぇうめぇとぐちゃぐちゃの弁当を食べるルフィを見て母の姿を思い出すサンジ

「だから心配するな!」

とサンジの全てを守る事と、例え騙されて周りから白い目で見られても俺達は変わらないというルフィ

弁当を全て食べ終えてうまかったと言うルフィに母の姿を重ねて号泣するサンジ

ルフィ「俺達を信じろ!」

「お前の足かせ全部!ぶっ壊してやる!!」ドン!!

【ペドロ】

ペドロの白目でドン!

【図書館前】

ジンベエとナミが囚人に囲まれ土下座白目でドン!

【宝物庫】

チョニキ達の白目でドン!
出る所を間違えブルックがマムのスカートの中で白目ドン!

次週へ

ーーーーーーーーーー

【ワンピース】 853 不確定ネタバレ2 「将星カタクリ」

・客室「ヴィンスモーク親族の部屋」――

・ヨンジ「レイジュが撃たれたァ⁉︎」

・ヴィンスモーク家一同「!!!?」

・チェス医療兵「あ、いえ、直接撃たれたワケではなくですね。現在城内では侵入者が暴れてまして、応戦する兵士の流れ弾が左足を貫いたようでして…」

・ジャッジ「流れ弾で?」

・ニジ「で、今どこにいるんだ。無事なんだろ?」

・チェス医療兵「あ、はい。それはもう驚異の回復力で、明日の結婚式の出席も大丈夫だそうで。現在は3階の医療室にてお休みになってます。」

・イチジ「…」

・チェス医療兵「それでは皆様、明日の結婚式の為に早めにお休みくださいませ。失礼いたします。」

・部屋を出るチェス医療兵

・ヨンジ「何やってんだ、レイジュは」

・ニジ「大方、興味本位で見物でもしてたんだろ?」

・ジャッジ「しかし問題が出て来たな…」

・ヨンジ「?」

・ジャッジ「――お前達の“外骨格”すら打ち破る弾丸を…ビッグマム側が持っているという事実!!」

・ヨンジ「!!!…確かにそうだ!それだけの威力を持った武器を一般兵まで持ってるって事か⁉︎」

・ジャッジ「さすがは四皇と言ったところか…相手は“海賊”。明日の結婚式…気を引き締めて臨まねばな」

・場面転換――

・ホールケーキ城 一階――

・兵の目を盗みルフィの後を追うジンベエとナミ

・ジンベエ「ルフィはもう上に行ってしもうたか?」

・ナミ「ここが静かになって上が騒がしくなってるから…(汗)」

・ジンベエ「上じゃな!」

・場面転換――

・客室「ヴィンスモーク親族の部屋」――

・部屋の外から何かを叫ぶ声と怒号が聞こえる

・ニジ「…外が騒がしいな…」

・客室のある2階まで登ってきたルフィ「サンジーー‼︎ どこだー⁉︎」

・兵士達「“麦わら”を捕まえろー‼︎」「どっちへ行った⁉︎」

・ヨンジ「⁉︎ ――まさか“麦わら”の野郎が⁉︎」

・ニジ「捕まったんじゃなかったのか⁉︎」

・神妙な面持ちになるイチジ「…」

・ジャッジ「いずれにせよこの城内で起きた事に我々が関与することは無い。あちらが早々に処理するだろう。」

・ヨンジ「確かに。しかし無茶苦茶な野郎だ、捕まってなお 敵の陣地で大騒ぎとは」と笑う

・部屋に迫る足音

・ヴィンスモーク家の部屋を開けるルフィ「ここか!⁉︎」

・ヴィンスモーク家一同「!!!!!!」

・場面転換――

・ホールケーキ城 3階「カタクリの部屋」――

・ドアをノックするチェス戎兵「カタクリ様!いらっしゃいますでしょうか!?」

・自室で眠るカタクリ

・カタクリ「んん”!? 何だ騒々しい…」

・チェス戎兵「失礼します」と部屋に入ってくる

・カタクリ「どうした?おれの睡眠時間を奪ってまで話すことがあるのか?」

・チェス戎兵「うっ!それがですね!! 城内で侵入者が暴れてまして…兵士を総動員しているのですが歯が立たず、ご兄弟達も――」

・カタクリ「ん”~~!? 可愛い弟妹達もやられてる?そりゃあ一大事だ。案内しろ」

・チェス戎兵「は!」

・シャーロット家 次男「スイート3将星」シャーロット・カタクリ(パウダー大臣) !!!

・場面転換――

・ホールケーキ城 一階 ロビー――

・正門を開けて入ってくる人影

・その体はボロボロに傷つき満身創痍

・見張りのチェス戎兵「どうなさいました!? ペコムズ様!」

・ペコムズ「今すぐ、ママに伝えることがある!今ママはどこにいる!!!?」

※ペコムズは何を伝える!!?…で次号。

ーーーーーーーーーー

【ワンピース】 853 不確定ネタバレ1 「サンジのメシ」

・WC城 2階廊下――

・チェス戎兵や一般兵を蹴散らしながら駆けるルフィ「どけェーーー‼︎」

・目の前にガレットとモンドールが現れる

・モンドール「報告を受けて驚いたぜ“麦わら”…本当に“本の檻”から出てやがる!」

・ルフィ「本のヤツ!」

・ガレット「“麦わら”!オペラ兄さんをどうしたの⁉︎」

・ルフィ「サンジはどこだァーーー‼︎」

・モンドール「会話にならねェな…もう1度入っとくか?“本の世界”に!」

・バサバサと勢いよく飛んでくる“本”達

・ルフィ「!」

・その瞬間、モンドールとガレットが弾き飛び気絶し、本もその場に落ちる

・ルフィ「え⁉︎」

・後ろからジンベエとナミが追いついてきていた

・ジンベエ「魚人空手“唐草瓦正拳”……まったくこの状況で一人突っ走るとは…無謀は変わらんのう」

・ナミ「ホントよ!これ以上バラバラになってどうするの。サンジくん…助けるんでしょう?」

・ルフィ「…!」

・更に兵達が集まってくる

・ジンベエ「この城内はワシの方が詳しかろう。ひとまずこっちじゃ…」

・3階「医療室」――

・レイジュ「あとは“いつ” “どのタイミング”で逃げるかだけど…」

・サンジ「おい 待て、勝手に決めんじゃねェ!てめェの命を諦めといておれの事を心配なんてすんなよ!…それに今更帰れねェよ…それだけの事をしちまった」

・ルフィをボコボコにしたシーンが浮かぶ

・レイジュ「2つ…間違えてるわね」

・サンジ「あァ?」

・レイジュ「わたしは命を“諦めた”んじゃない、改造人間として多くの命を奪ってきたわたし達への“当然の報い”だと思っているの。そしてあなたの船長は…あんな事くらい気にもしてないわよ!二言三言話しただけのわたしでも…それくらい分かる!付き合いの長いあなたなら分かってる筈よね。」

・サンジ「……わかってるさ、だがこれはおれの問題だ。キッチリ“落とし前”つけねェと帰れねェ!」

・レイジュ「面倒ね…男って。」

・4階「宝物の間」――

・未だ続くブルックとマムの戦闘

・マムは珍しい“動くガイコツ”であるブルックを生きたまま標本にしたいからと若干手を抜いている

・マム「マママハ〜〜ハハ!動きが鈍くなってきたね!ここらが潮時かい?ソウルキ〜〜ング」

・ブルック「アンコールにはまだ早い!これからが本番なんだぜ!」とマムに突っ込んでいく

・マム「まだそんな口が聞けたか!ゼウス‼︎」

・左手の雷雲ゼウスを握り雷をバチバチと発生させブルックに向かって振り下ろす

・身体中バチバチと電撃が迸るブルック

・ブルック「ぎゃああああ~~!――……この力(雷)!頂きますよ‼︎ “雷骨剣”‼︎ “狂想曲(ラプソディ)ボンナバン”‼︎」

・マム「!!!!!」

↓マンガ好きは要チェック↓

最強マンガアプリのランキングが完成!

シェアする