ネタバレ募集

【ワンピース】 855話 ネタバレ『ぐぎゅるるる!!!』 確定 簡易ネタバレ

最強マンガアプリのランキングが完成!

↑マンガ好きは要チェック↑

確定が来ました!!
簡易バレ
ーーーーーー
855話 ぐぎゅるるる!!!

始末屋ボビンの懸賞金1億550万
ボビンのところに兵士達がやってくるがボビンは能力で全員を眠らせると単独でサンジを追う

鏡世界
マムの寝室を鏡越しに覗くチョニキ達
熟睡中のマムの手の中にブルックの姿
マムが寝ぼけて部屋の鏡を叩き割るとその音に反応したプロメテウス、ゼウス、ナポレオンが一斉に鏡に攻撃

雨の町中を駆け抜けるサンジ弁当を野良犬に取られそうになりあせる

鏡世界
処刑場にあった骸骨をつかって偽ブルックを作ったチョニキ達はブルックと偽ブルックをすり替える

約束の場所にやってきたサンジ
無数の兵士達が倒れているなかルフィを探す

鏡世界
頭蓋骨を開いて中からポーネグリフの写しを取り出すブルック

ブルック「はいコレ写しですねいやーそんなことよりペドロさんよくぞご無事で」
一同「て 手に入れたのか!?」
ブルック「あ はい」

歓喜に沸く一同あとはサンジを連れ戻すだけ

約束の場所
遠くの方からぐぎゅるるると大きな音
顔がミイラのようになっているルフィを発見したサンジ
涙を流し嬉しそうな笑顔のサンジ

次週へ

———-
不確定ネタバレ4

【城】

サンジが弁当を持って逃げる

始末屋ボビン【懸賞金1億550万】
ボビンの所に兵士達がやってくる

だがボビンは能力で全員を眠らせる
単独でサンジを追うボビン

————————————–

【鏡世界~ミロワールド~】

ビッグマムの寝室を
鏡越しに覗くチョッパー達

熟睡中のビッグマムの手の中に
ブルックの姿を見つける

ビッグマムが寝ぼけて
部屋の鏡を叩き割る

するとその音に反応した
プロメテウス、ゼウス、ナポレオンが
一斉に鏡に攻撃する

【サンジサイド】

雨の中、町を駆け抜けるサンジ
野良犬が弁当を取ろうとする
それに焦るサンジ

【鏡世界~ミロワールド~】

処刑場にあった骸骨を使って
偽ブルックを作ったチョッパー達

本物のブルックと偽ブルックを
すり替える事に成功する
鏡の中にブルックを入れる

【サンジサイド】

約束の場所にやってきたサンジ
無数の兵士達が倒れている
サンジが辺りを見回しルフィを探す

【鏡世界~ミロワールド~】

ブルックが頭蓋骨を開いて中から
ポーネグリフの写しを取り出す

ブルック
「はい、コレ写しですね
 いやーそんな事よりペドロさん
 よくぞご無事で」

一同
「て、手に入れたのか!?」

ブルック
「あ、はい」

歓喜に沸く一同
後はサンジを連れ戻すだけ

【約束の場所】

サンジがルフィを探している

すると遠くの方から
ぐぎゅるるると大きな音

そっちの方に行ってるサンジ
すると顔がミイラのように
なっているルフィを発見する

サンジがルフィの顔を見て
涙を流し、嬉しそうな笑顔になる

【続く】

ーーーーー
不確定ネタバレ3 『約束の場所』

【スイートシティの外れ】

アマンドに真っ二つに斬られ、
その場に捨て置かれた
巨大樹キングバームを発見するルフィ

ルフィ
「ハァ…ハァ…あそこだ…」

キングバームは魂が抜け、
ただの巨大樹になっている

その傍に腰を下ろし
サンジを待つルフィ

雨にも打たれながら
腹をぐるるるると鳴らす

ルフィ
「ハァ…ハァ…」

【城内】

走っているサンジ
ボビンと兵達が追いかける

ボビン
「ヴィンスモーク・サンジが!
 部屋から逃げたぞ~!︎」

その声が同じ階にいた
モンドールの耳に入る

モンドール
「!?」

モンドール
(サンジが…!?
 客室で休んでいるって報告は…!?

 何故今になって逃げる!?

 オペラの報告も気にかかる…
 もしも嘘だとしたら…!︎

 チッ、何が起きてんだ!?)


「モンドール様!
 現在、何人かの兵が
 サンジ様を追っています」

モンドール
「絶対に捕らえろ!!
 今居る全兵に通達!!!

 ヴィンスモークサンジを
 追い詰めろ!おれも行く!︎」


「はっ!」

走っているサンジが
ナス兵の言葉を思い返す

ナス兵
【えー現在…『麦わらのルフィ』と
 『泥棒猫』を拘束中ナス】

サンジ
「…」

その時、目の前にモンドールが現れる

サンジ
「!」

モンドール
「ヴィンスモーク・サンジ
 明日の結婚式の主役…
 新郎様が何故こんな所に居る?」

サンジ
「…俺も1つ質問してぇ…
 【麦わらのルフィ】は
 今どこに居る?」

モンドール
「あァ…
 まだ伝わってなかったか…

 【囚人図書室】に
 閉じ込めていた侵入者

 【麦わらのルフィ】及び
 【泥棒猫】ナミは、拷問の末…
 焼け死んだよ!」

サンジ
「!?」

モンドール
「さぁ、質問には答えたぞ
 オレの質問にも答えてもら…」

ボソッと呟くサンジ

サンジ
「ルフィが死ぬわけねぇだろうが…」

モンドール
「ん?なんだって?」

サンジ
「【悪魔風脚(ディアブルジャンブ)
  画竜点睛(フランバージュ)ショット】!︎」

モンドール
「!?」

突然のサンジの攻撃に
吹っ飛ばされるモンドール
サンジがルフィの言葉を思い返す

ルフィ
【腹が減っても!!槍が降っても!!
 ここを動かずお前を待ってる!!
 必ず戻って来い!!サンジー!!】

サンジ
(あの場所だ…!)

走りだすサンジ

【鏡世界~ミロワールド~】

鏡の世界の中から
女王の間を覗くチョッパー達

ビッグマムに捕まっているブルック
それを見て驚く一同

ビッグマムの側にプリンがいる
ナミがプリンの本性を話す
驚くチョッパー達

チョッパー達がブルックを
救出する方法を思いつく

チョッパー
「ブルックを救う方法がある!
 …協力してもらうぞブリュレ!」

ブリュレ
「!?」

【女王の間】

ブルックを見つめて
嬉しそうなビッグマム

ビッグマム
「マ~ハハハ!
 いくら見ていても
 飽きないねぇ…!!」

ブルック
「…」

その時、部屋の隅でドサッと
ブルックと瓜二つの骸骨が転がる

それに驚きつつ喜ぶビッグマムが
手に持って居たブルックを机の上に置き
床のブルックに駆け寄っていく

だがそれは、ブリュレの鏡の力で
作り出した偽のブルック

ビッグマムが離れた隙に、
チョッパー達が本物のブルックを
鏡の中に引き入れて行く

プリン
「!!ママ!骨が!」

ビッグマム
「んっ!?」

ブルック
「チョッパーさ~ん!!」

ビッグマムが急いで駆け寄るが
ブルックが鏡世界に入ってしまう
怒りでビッグマムが鏡を破壊する

ゼウス
「ひっ!!」

プロメテウス
「あああ…(汗」

プリン
「マズイ!」

プリンが急いで部屋から出ていく

ゼウス&プロメテウス
「あッー!!プリンさまー!!」

ビッグマム
「どこのどいつだァァァ!?
 おれの!お気に入りを!
 奪ったヤツはァァァ!?」

【続く】
ーーーーー
不確定ネタバレ2 『兄弟喧嘩』

扉絵リクエスト
『ケーキバイキングでケーキを美味しくいただくウルージ』

『空島カフェ』にて、名物パンプキンパイを大皿まるごと持っていくウルージさん。

■追い詰められたサンジが向かう先は──!?

雨の中どこかへ向かって走るサンジ。

サンジ「ハァ…ハァ…」

「………」

ひらけた場所に出るサンジ。
ホールケーキ城と小さな山、そして森の中間にあたる草原にいる。

サンジ(何か目印になるモンは…)

「……!」

サンジが蹴り飛ばした猫車(にゃしゃ)の破片を見つけるサンジ。

サンジ「…ここか」

『俺は…ここで待ってるからな!!』というルフィの言葉がよぎる。

サンジ(いねえじゃねェか…ルフィ)

サンジ「…ハァ……」

「今さら……」

「…何を期待してんだ俺は!!」

落ちていた瓦礫を蹴り飛ばすサンジ。

バコンッ

ゴン

「いてっ!!」

サンジ「!」

「ルフィ!?」

だがそこにいたのはボロボロになったチェス戎兵だった。

サンジ「……!」

チェス従兵を締め上げ、話を聞くサンジ。
この兵士はルフィとナミ、そして裏切ったホーミーズを仕留める為に繰り出された『怒りの軍団』の一員。
落ちてきた雷にやられたが、草むらの陰にいたせいで回収されずにいたという。

サンジ「てめェの話なんか聞いてねェよ!」

「ルフィ達は! どこに連れていった!!」

胸倉を乱暴に掴むサンジ。

チェス戎兵「い、いつも通りなら『囚人図書室』に…うっ…」

サンジ「囚人図書室だと…」

(…ルフィ)

(頼むからもう諦めてくれ………)

(俺だって旅は続けてぇが………俺にはその“資格”がねぇ!!!)

背後に突如現れる男の影。

???「そこで何をしている」

サンジ「!!」

【2階『会議室』】

部屋に駆け込んでくる兵士。

兵士「モンドール様ーーー!!!」

モンドール「入ってくる時はノックぐらいしろ!! 大事な会議中だぞバカ野郎!!」

兵士「申し訳ありません!! ですが…緊急の事態でして…!!」

オペラ(ファ!!?)

気が気じゃないオペラ。

ガレット「早く報告しなっ!!」

兵士「新郎サンジ様が…」

「ボビン様に重症を追わせ、現在城内を逃走中です!!!」

一同「!!」

モンドール「何てこった!! 次から次へと…!!」

「おい!!」

「ママの耳に入る前に何がなんでもサンジの奴を探し出せ!!!」

兵士「は!!」

モンドール「ママがこれを知ったら事だぞ!!」

ガチャン

オペラ「…ん?」

「どこへ行くファ?…カタクリ」

“カタクリ”と呼ばれたのは背の小さい子供の姿。

カタクリ「ちょっと外を見てくるよ」

モンドール「………」

(新郎が逃げた……だがどこに?)

(結婚に前向きなジェルマの奴らが匿うとは考えられねェ…)

(狭い島内、逃げる先は……)

立ち上がるモンドール。

ガレット「どこへ、兄さん」

モンドール「『囚人図書室』に行く」

「”麦わら”の遺留品がないか見に行く」

焦るオペラ「!!」

(こ、これはマズいファ…!!!)

【プリンの部屋】

ベランダから外を眺めているプリン。

「………」

ぼーっとしながら、先ほどの兵士の会話を思い出す。

【プリンの回想】

廊下を歩いていたプリン。

「外に出た可能性もあるぞ!!」
「城の外にも兵士を回せ~!!」

走り回る兵士たち。
そこで前から歩いてくるプリン。

プリン「どうしたの?」

兵士「プリン様!!」

プリン「いったい何なの? この騒ぎは…!!」

兵士「実は………」

「サンジ様が逃走中のため…現在捜索中でございます!!」

「既にケガ人も出ているらしく…」

【回想終わり】

プリン(気付いのたかしら…)

(…でも今更もう後戻りは…)

【約束の場所】

サンジの背後に現れる人物。

サンジ「イチジ…!」

「何故ここに…!」

イチジ「こっちの台詞だ」

「貴様こそ”ここ”で何をしている…!!」

サンジ「………」

イチジ「ビッグマムの兵士が俺達の部屋を訪ねてきたのさ」

「『新郎が消えた』とな」

「”麦わら”の言葉を思い出し、まさかと思ってここを見に来てみたら…予想通りだった」

「サンジ…自分の置かれている状況を理解できているのか?」

冷や汗のサンジ「………」

イチジ「そんなに“あの男”が恋しいか?」

「いいかサンジ…お前の軽率な行動一つで」

「誰かの未来が消える」

「東の海の“人質”もそうだ」

「育ての親を救いたかったら…行動を慎め」

「お前が犠牲になることで 晴れて誰かの役に立てる」

「だからこれ以上…」

「俺達を失望させるな!!!」

サンジ「………」

イチジ「いいか、いくら待っても“麦わら”がお前の前に現れることはない」

サンジ「何だと…!?」

イチジ「俺もお前の兄だ」

「少しはお前の役に立ってやろうとな…俺なりに考えたんだ」

「あの船長が消えれば、もうお前を苦しめるものは何もないだろう」

「心置きなく結婚に臨めるだろうとな」

サンジ「おいイチジ…何を言って…」

イチジ「………無様だったよ」

「…お前の“元”船長は」

「腹の音を鳴らして」

「お前の名前をずっと叫んでいた」

そういって暗闇に向かってイチジが指をさす。

サンジ「?」

「………! ルフィ…!!」

地面に倒れているボロボロのルフィ。

サンジ「ルフィ!!!」

イチジ「これで決心もついただろう」

「大人しく城へ…」

ガコンッ

サンジの渾身の一撃を喰らい、吹き飛ぶイチジ。

イチジ「ぐっ…!!」

サンジ「立てよ」

ドドン

平然と立ち上がるイチジ。

イチジ「………」

サンジ「ガキの頃から…俺はお前達のことがずっと怖かった」

「絶え間なく続く”暴力”やあのクソ野郎の“失望”も…」

「自分が一体何なのかも…!!!」

イチジ「言ったはずだ!」

「お前はただの“失敗作”だと」

サンジ「イチジ」

「お前とやるのは…これが最初で…最後だな!!」

イチジ「?」

サンジ「“兄弟喧嘩”」

幼い頃の嫌な記憶が一瞬頭を過る。

「ウチの船長まで手にかけてくれやがって…」

サンジ「ふん…何を言い出すかと思えば」

「いいだろう」

「いま一度…思い出させてやるよ」

「お前の”立場”をな」ドン

対峙するサンジとイチジ。

■過去との決別!!

ワンピース(onepiece) 856話 ネタバレへ続く!!

ーーーーー
不確定ネタバレ1『王様ゲーム』

思わず飛び出したサンジの行く先はひとつ──…

とっさに弁当を持って飛び出すサンジ。

そこに騒ぎを聞きつけた兵士たちが次々にやってくる。

兵士「ボビン様!!」

「どうなされました!?」

ボビン「新郎が逃げ出したボヨヨン!」

「ママに連絡を…!」

兵士「はっ! すぐに!!」

【城内 スイーツバー】

若い女性をはべらせるヴィンスモークの男たち。

ニジ「それで俺は言ってやったんだ!」

「お前みたいな出来損ないにはその顔がお似合いだってな!!」

女の子「キャハハハ」

ヨンジ「あいつの顔パンパンに膨らんでてさ」

「そう…まるで君のその…」

隣に座る女の子の谷間に釘付けのヨンジ。
鼻から血が流れ出す。

女の子「また鼻血!!」

「もう~今日何回目!?」

「アハハハ」

ベロンベロンのニジとヨンジとは対照的に、いつも通り冷静な佇まいのイチジ。

イチジ「飲みすぎだ、ヨンジ」

「王家に相応しい振る舞いを忘れるな」

女の子「やだクール~!」

「もぉ~惚・れ・そ・う♡」

ニジ「俺は!? 俺!?」

はぁ…とため息のイチジ。

「品がないぞニジ、少しは父上を見習──…」

ジャッジ「王様だ~~れだ!?」

「お~れ~~!!」

女の子「やだもぉ~! さっきからそればっかりー!」

「これ王様ゲームじゃなくない?」

ジャッジ「だってホントのホントに王様なんだもーん!」

「はい! それじゃあ王様のほっぺたにチュー♥」

【城内 –サンジの部屋-】

サンジが逃げ出したという報告に、見張りの兵士たちが慌てている。

兵士「サンジ様が脱走!?」

「確かに部屋で寝ているはずだぞ!」

慌てて部屋に入る兵士たち。

ナス兵士「ぐがー」「ぐごー…」

兵士「ナスビ!!」

ナス兵士「はっ!!」

兵士「どういうことだ!? サンジ様はどこに行った!?」

ナス兵士「へ?」

「知らないナスよ…」

兵士「大変だ…!」

【続く】

ワンピース(onepiece) 856話 ネタバレへ続く!!

↓マンガ好きは要チェック↓

最強マンガアプリのランキングが完成!

シェアする